”転売ヤー爆死”転売ヤーざまぁ”転売ヤー死亡”という記事が喜ばれている転売ヤーの現状。

 
赤ちゃん大泣き

転売ヤーの”どんです、

こんにちは。

 

今現在、転売ヤーという存在は

悪いイメージを持たれています。

 

ですから、ネットでは

  • 転売ヤー爆死
  • 転売ヤーざまぁ
  • 転売ヤー死亡

といった記事が世間を喜ばせている実情です。

 

チケット転売に関しては多くの有名人が

怒りをあらわにして、

チケット転売撲滅に尽力を尽くしていますよね?

 

そんなこともあり、

お父さん今何の職業なの?

と娘に言われて答えられなかった。

なんて記事も目にしました。

 

転売ヤーにとっては

非常に辛い話です。

 

良い転売ヤー?悪い転売ヤー?

 

私たち転売ヤーは、いつも言っている通り、

人の役に立つ仕事をしています。

 

ただ、一部の悪い転売ヤーが

世間一般を賑わせているので

イメージが悪くなっているんですね。

 

人の役に立つ仕事とはつまり、世の中の流れ、

流通に沿った仕事をしています。

 

ですから当然の如く、開業届けを出し、

年末調整から確定申告をし、税金を払い

しっかりとしたビジネスとして取り組んでいるのです。

 

私は中古を扱うので、

古物商許可も取得して営業しています。

bookoffやhardoffなどの大手チェーン店と

何の変わりもありません。

 

変わりがあるとすれば実店舗を持っているか

持っていないかくらいの違いです。

 

もちろん

犯罪行為に手を染めているわけではなく

チケット転売なんて法律に反した悪いことは行いません。

堂々と娘に転売ヤーだと伝えることが出来ます。

 

この記事で何が伝えたいかと言うと

転売ヤーに対して悪いイメージしか抱いていない人に

転売ヤー=悪ではないことを伝えたいのです。

一部の転売ヤーが悪い事をしているだけなのだと。

 

それでは私たち転売ヤーが普段どうやって

利益を得ているのかお話します。

 

転売ヤーはどうやって稼いでいるの?

 

高値で売りつける事が転売ヤーではありません。

転売ヤーは”ありとあらゆるもの”を

あらゆる場所から仕入れてきて消費者に提供します。

 

当然メーカーから直接仕入れて販売することもありますし、

時には海外からの輸入して販売することもあります。

 

また、個人から買取り、販売することもあれば

業者から大量に買い込み、販売することもあります。

 

つまり、裏的な要素や、犯罪的な要素は無く

流通の仕組みをに沿って仕事をしているのです。

 

こう言えば難しそうと考えるかもしれません。

実際難しい転売もあります。

転売と一口で言っても様々な転売方法があるのです。

 

 

転売には様々な方法がある

 

転売の手法は大まかに言うと

仕入れて販売する事ですが、

細かく分けると

  1. 商品を仕入れる場所
  2. 商品を売る場所
  3. 取り扱う商品
  4. 商品の状態

によって手法が違い、呼び方が様々に変化します。

 

商品を仕入れる場所

 

商品を仕入れる場所については

大きく分けて

  • 海外から仕入れる場合は輸入転売
  • 国内で仕入れる場合は国内転売

と呼ばれ、

更に国内転売にしても国内の

どこで仕入れるかによって呼び名が変わってきます。

 

実店舗で仕入れるなら

店舗せどり

ネット上で仕入れるなら

電脳せどり

 

実際の店舗一つとっても

BOOKOFF で仕入れるなら

BOOKOFFせどり(BOOKOFF転売ともいう

 

コストコで仕入れるなら

コストコせどり(コストコ転売ともいう

 

店舗名+転売の場合は仕入れる場所によって名前を変えるので

これは無数にあります。

 

商品を売る場所

 

商品を売る場所で転売を分けるなら

  • Amazonで売るならAmazon転売(Amazonせどり)
  • ヤフオクで売るならヤフオク転売(ヤフオクせどり)
  • メルカリで売るならメルカリ転売(メルカリせどり)
  • ebay・BUYMA・その他ショップetc…

等です。

 

取り扱う商品

 

取り扱う商品でも呼び方は変わります。

  • カメラを扱うならカメラ転売
  • 本を扱うなら本せどり
  • 家電を扱うなら家電せどり
  • ゲームを扱うならゲームせどり

等、これも扱うジャンルによって言い方が変わるので

無数に呼び方が存在します。

 

商品状態

 

取り扱う商品が

  • 新品を取り扱うのか
  • 中古を取り扱うのか
  • 壊れた物を扱うのか

という商品の状態で呼び方が変わります。

  • 新品を取り扱う場合は新品せどり
  • 中古を取り扱う場合は中古せどり
  • 壊れたものを扱う場合はジャンクせどり

です。

 

商品に不具合があるものや

不具合があるかもしれない物。

そして、壊れた物をジャンクと呼びますが、

 

そもそもジャンクなんて売れるのか

と考えるかもしれません。

 

しかし、問題なく売れます。

それは元が高い物なら尚更

ある程度の価格で売れます!

 

部品取りや、壊れたものを直して

販売するなど、必要な人が存在する為です。

 

転売って結局儲かるの?

 

この様に多くある転売の種類ですが、

私のお薦めしている転売方法は

仕入れたけど売れなかったとか

儲かると思ったけど儲からなかったとか

言うことはありません。

 

それは、仕入れようとする商品が

どの位の価格でどの位の期間で売れるのか。

しっかりリサーチが出来るサイトが複数存在するからです。

 

もちろんそのリサーチ法がしっかりしていなければ

売れない事が起こり得ますが、

特に難しい知識は必要なく、慣れれば誰でも簡単にできます。

 

それでは次の記事で

  • なぜ私の勧める転売は確実に儲かるのか。
  • その確実に儲かる転売とは一体何なのか。

について詳しくお話していきます。

→転売ヤーは儲かるビジネス?

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)