利益率と回転率~安く売ると収入が増えるカラクリ~

 

転売ヤー”どん”です。

こんにちは。

 

私は中古をメインに販売していますので

2万仕入れの6万円販売

3000円仕入れの4万円販売

驚くような利益で販売する事もあります。

 

もちろんそういう利益の良い商品が

売れたときは非常に嬉しいです。

 

しかし、転売は単発ビジネスではない為、

販売した全ての売上げを通して利益を

計算する必要があります。

 

今日はそんな利益のお話をいたします。

 

利益率

 

1ヶ月を通して販売した全ての商品を見てみると

利益が多い商品。利益が少ない商品。赤字の商品。

と一貫して利益の多い商品ばかりを販売することは出来ません。

 

 

 

転売には様々な要素が絡んでくるので

利益が出ると思っても出なかったり、

出ていると思っていても出ていなかったりする場合があります。

 

また、単純に利益だけを追い求めるより、

利益が少なくても数を売るほうが収入が増えることも多々あります。

 

初心者が陥り易い罠

 

初心者であればあるほど、

1万円で仕入れ3万円で販売するなど

利益が高いものを発見すると

その利益の美味しさに酔ってしまいます。

 

酔ってしまうと利益ばかりを求め、転売をしてしまう。

という事態に陥りがちなんですよね。

 

これは転売の罠です。利益の高さに喜び

テンションを挙げるのはいいのですが、

利益に魅了されてしまってはいけません。

 

転売は数を売る事で

全体の利益を増やす事が出来ます。

 

つまり、いくら単発で利益を上げても

数が少なければそれだけの利益です。

 

1商品で2万円の利益が出る商品を

どれほど販売出来るんですか?

という話になります。

 

利益が高いものは数を多く扱えません。

初心者ならひと月に1個販売出来れば

かなり良いほうですね。

 

そうなると利益額を追い求めると

毎月安定的に利益を得ることは

難しくなります。

 

仕入れられたとき、売れたとき頼みの

不安定な収入になってしまいます。

 

つまりは利益を求めすぎても

1ヶ月の収入は大して増えません。

ですから、利益が少ない物も仕入れ販売します。

 

利益が少ない物を販売する

 

例えば利益額2万円の商品を1回。

1万円の利益の商品を3回販売すれば

月収5万円です。

 

それに加えて5千円の利益のものを

10個販売すれば合わせて

月収10万円になります。

 

もちろん、中古家電であれば返品のリスクを

頭にいれつつ販売しなければいけないので

利益が低いものばかり販売をしてしまうと

赤字に陥る危険性があります。

 

しかし、ある程度は折り合いをつけ、

数を仕入れ販売することで収入は確実に増えます。

 

更に新品を取り入れるとします。

新品の場合は返品の可能性が低いので

利益率が少々低くても仕入れます。

 

ここでは15%としましょう。

 

1個1万円の利益率15%で1500円の利益額。

利益1500円の新品商品を30個仕入れ

販売すると利益額4万5千円。

 

先ほどの10万と合わせて

14万5千円の利益となるのです。

 

つまり1個の利益率ばかりに固執せず

利益率の少ないものでも数を多く扱うことが

収入を増やす秘訣となります。

利益に魅了されてしまえば罠に陥るという訳ですね。

 

回転率を重視する

 

利益の事ばかりを取り上げ

お話しましたが、当然回転率は重要です。

 

回転率で儲ける

 

初心者は特に仕入れ値から考えて

「この価格で売らないと利益が出ない」

と販売価格を高く設定しがちですが、

それは逆です。

 

見直すなら仕入れる商品ですね。

販売価格を高く設定すると当然売れ行きは悪くなります。

少し高くしただけで全く売れない場合もあります。

 

販売する価格は仕入れ値に左右されるのではなく、

モノレートの値をしっかり確認し、

よく売れている適正金額で販売する事。

 

新品の場合、待てば価格が上がる商品なら

待てばいいのですが、待っても

価格が上がらない商品はいくら待っても売れませんよ。

 

そこの感覚がまだ分かっていないなら、

間違いなく最安値付近で売るべきです。

 

挙句の果てに今より更に安くなった最安値で

処分しなくてはいけなくなります。

 

もちろん滅多に手に入らない商品であれば

通常より高値で待機するのも手です。

 

しかし、いつでも仕入れられ、

良く売れている商品であれば

その場の価格に応じて価格を設定する事が必要です。

 

初心者なら特に資金は限られていますから

時には損をしたとしても早く売って

お金に変えた方が良いのです。

 

価格を下げた方が稼げる

 

冒頭でもお話しした様に、転売は数を売って儲けます。

単品で利益を得たからと言って毎月の収入には直結しません。

ですから、回転率を考えて販売します。

 

例えば

モノレートで確認した際に

  1. 1750円で販売した時はひと月に20個売れていて
  2. 1950円で販売したときはひと月に10個売れている

商品があるとします。

 

分かりやすくここでは

  1. 1商品の利益額は500円
  2. 1商品の利益額700円

とします。

 

独占販売と仮定し、1か月の収入を計算すると

  1. 500円×20個=10000円
  2. 700円×10個=7000円

1か月で計算すると

1の200円安くした場合の方が3000円も

儲けていることが分かりますよね。

 

これは分かりやすく販売数を多く見せましたが、

販売数が少なくても同じことです。

 

例えばAという商品を17800円で販売すると

1回に利益が5千円。月に5回売れます。

そうすると、月収25000円です。

 

そのAという商品を通常より2千円高く販売すると

1回の利益が7千円。一月に3回売れます。

月収21000円です。

 

2千円売値を上げても売れるのですが、

売れ行きが悪くなるため、全体の収入が減ります。

 

 

どうでしょうか?無理に利益を取ろうとすることが

いかに月の収入を下げているか分かりますよね。

 

まとめ

 

今回は転売の確信についてお話しました。

これが理解できていなければ稼ぐことはできません。

 

本文にも書きましたが、

滅多に手に入らない物であれば

高値で待機するのも手です。

 

しかし、価格を下げた方が良く売れる商品であれば

価格を下げた方が月収が上がる。

 

結局まとめてしまえば一番大事なことは

利益率より回転率

 

1商品の利益単価を上げるより、

数を多く売った方が稼げるんです

 

これは転売の確信です。

非常に重要な考え方です。

 

ただ、価格を下げなくても売れる商品の

価格をどんどん下げるのはやめてください。

 

かなり売れている商品でも

最安値をどんどん更新する出品者。

特に初心者の方はお気を付け下さい。

 

完全に価格崩壊につながります。

価格崩壊は他の出品者、販売メーカーの

迷惑につながります。

 

自分だけが儲ける転売はビジネスではありません。

他の出品者と共存して販売する。

つまり自分とライバルの両方とも稼げる。

それが大切な考え方です。

 

  • 価格はモノレートで確認し、良く売れている価格帯に設定する。
  • 新品なら出来る限り最安値売る。(価格の変動を掴めていない場合は特に)

 

覚えておいて下さいね。

それではまたお読み下さい。

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. 斉藤 より:

    こんばんわ。夜分失礼します。
    以前、メッセージにてアマゾンのゲームのカテゴリから出品できなくなって困っているという書き込みを送信しましたがアマゾンに問い合わせたところ、
    当サイトでは、業務の効率化を図るため、サイト機能の大部分をシステムで管理しております。
    すべてのお客様にご満足いただけるよう、注意に努めておりますが、今回のような問題に対してご不便をおかけしておりますことを、心よりお詫び申し上げます。

    という回答でした。
    時間がかかりましたが、出品制限が解除されました。

    私は少ない資金で細々と出品しておりますので、今回のような出品制限があるとびっくりしてメッセージしてしまいました。
    すみませんでした。

    • tenbai より:

      改めてコメントありがとうございます。
      転売ヤー”どん”です。
      いやー本当に良かったですね!!
      私の方もAmazonに問い合わせていたところ
      同じような文章が届き、解除されました。

      またなにかあればいつでも書き込みください。
      これからも一緒に頑張っていきましょう!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)