転売ヤーがAmazon転売で儲かる方法をお伝えするブログです

FBAシミュレーター及びせどりすと・せどろいどの使い方を解説

 
 
FBAシミュ・せどりすと・せどろいど
この記事を書いている人 - WRITER -

隙間時間に実践出来る超効率的な副業をしませんか?ど素人でも資金が無くても問題ありません。ゼロ円ゼロ知識ノーリスクで始められる転売の方法をお教え致します。

詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

転売ヤーの”どん”です。

 

今回は転売に大いに役立つ

無料ツール2本の紹介です。

 

収益の計算を瞬時に行ってくれる

FBAシミュレーター

店舗仕入れやメルカリなどフリマ仕入れに欠かせない

せどりすと・せどろいどについて解説します。

 

FBAシミュレーター

 

FBAシミュレーターとはAmazonでの

販売利益を瞬時に計算してくれる

インターネットツールです。

 

また、FBAとはフルフィルメントbyAmazonの略で

商品の保管から注文・出品・カスタマーサービス・

販売促進までを一手に引き受けてくれるAmazon独自の

サービスです。

 

Amazon出品手数料は商品によって

8%、10%、15%とかかり、

FBA手数料も商品によって金額が異なりますが、

場合によってはかなり手数料がかかってしまいます。

 

ですから、簡単に頭で計算した程度では追い付かず

利益が出たと喜んでいても実際売ってみれば赤字だった

という事が起こってしまいがちです。

 

それを無くすために、このFBAシミュレーターを

活用する事で簡単に手数料計算が出来るので

正確な収益を瞬時に知ることが出来ます。

 

例えば

mg6230bkのプリンターは

手数料8%です。

 

8千円で仕入れをして1万4千円で売る場合

手数料は8%の1120円だから

利益は4880円。

 

と言う風に簡単に考えてしまいがちですが、

FBAを使うなら更にFBA手数料が必要となります。

 

FBA手数料は

  • 出荷作業手数料
  • 月額保管手数料

の2点です。

 

mg6230bkの出荷作業手数料は572円で、

月額保管手数料は471円なのですが、

月額保管手数料は日数計算されます。

 

つまり、出品後1か月で売れれば471円なのですが、

売れる日数が遅くなるたびに保管手数料が増えます。

 

ですから大型商品なら出来る限り

早く売る必要があります。

 

また、通常の商品でも

FBAに納品したまま、価格が値上がりするのを

待っていると思った以上に手数料で損をしてしまいます。

 

ですから、新品商品を大量仕入れ

した場合は小分けして出品するか、

自分が売りたい金額まで

価格が上がるまで待ってから納品する。

 

赤字を出来る限り防ぐには

面倒でも仕入れ時に毎回計算する。

 

計算式は少々難しく↓こんな感じになります。

FBA保管手数料計算方法

 

ここでFBAシミュレーターの登場です。

 

このサイトですね→FBAシミュレーター

FBAshimyu

ここの商品検索欄に

商品名なら商品名を記入し、

検索かけます。

(他には商品バーコードやASINコード等も可)

 

それではmg6230bkプリンターを

検索してみますね。

FBAシミュ検索

すると候補が出てくるのでその商品を選択

FBAシミュ候補

↓の様な画面になります。

FBAシミュ商品

FBAシミュレーター

そこにFBAならFBA、個人発送なら自社出荷

という欄に記入します。

 

例えばFBAで売値を1万4千円、

配送料1000円仕入れ代金・送料込みの8千円と記入。

 

右にある計算をクリックすると

純利益の2837円が利益となります。

シミュ結果

つまり8千円仕入れの1万4千円売りでは

利益が2837円と言う事です。

 

この手数料を計算せずにどんどん

仕入れをすると痛めにあいますので

慣れないうちはしっかり

シミュレーターで計算してください。

 

 

せどりすと

screen568x568

これは転売用(せどり用)に作られた

iphone専用アプリです。

 

このアプリのカメラ機能で

商品のバーコードを読み込むだけで

その商品が利益が出るか出ないかがわかります。

 

モノレートやAmazonと連携していて

しかも無料。

 

これは使ってみるとよくわかるので

iphoneの人はアプリをダウンロードして

実際にバーコードを読み取ってみてください。

 

バーコードで読み取れないものもありますので

その場合は商品検索で商品名を打ち込めば出てきます。

 

しかし、そのままだとバーコードを

読み込んだり読み込まなかったりと

結構不具合があります。

 

ですから、バーコードリーダーを使用します。

↓これですね
Koamtac バーコードスキャナ データコレクタ KDC200i Bluetooth搭載

このバーコードリーダーと

連動することで最大の力が発揮され、

とんでもなくハイスピードで

次々とリサーチ可能となります。

 

実はそれだけじゃありません。

スマホを使っている人は

モノレートに直接アクセスするより、

 

このせどりすとのキーワード検索機能を使い

商品リサーチする方が速いです。

1.5倍くらい早くなるイメージです。

 

なぜかというとモノレートは結構、

正確に型番などを打ち込まなくては

検索結果に出てきません。

 

しかし”せどりすと”で検索する場合、

結構短く入力しても検索できます。

検索性能がとても高いんです。

 

アンドロイドのスマートフォンを

使っているという人は”せどろいど”

がおすすめですね。

せどろいど

どちらも同じ人が作成しています。

 

 

こちらも店舗仕入れの場合、

バーコードリーダーと連動する事で劇的に

使いやすくなります。

 

まとめ

 

FBAシミュレーターはAmazon転売する上で

必要不可欠なツールです。

 

このツールでしっかり確認しなければ

稼いでいると思っていても

実際は利益が出てなかったり

する事態が起こりえます。

 

そうすると利益が出ない商品を

多く扱う様になり余計な手間が出来、

転売は稼げない悪循環に陥ります。

 

面倒ですが、できる限り毎回確認して

利益計算をして仕入れをしましょう。

 

 

また、せどりすとやせどろいどは

店舗仕入で活躍する事はもちろん、

ネット仕入でも大活躍します。

 

メルカリなどの仕入れの際、

リサーチをモノレートでするより、

せどりすとを使ってリサーチする方が

効率よくリサーチ出来ます。

 

無料の転売ツールを駆使して

効率よく仕入れしましょう。

 

それはまた。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

隙間時間に実践出来る超効率的な副業をしませんか?ど素人でも資金が無くても問題ありません。ゼロ円ゼロ知識ノーリスクで始められる転売の方法をお教え致します。

詳しいプロフィールはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -

5万円~10万円のお小遣い程度の転売からプロとして稼ぐ転売まで幅広く教えています。

転売ヤー”どん”

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)