家電転売のコツはプリンター攻略にあり!

 

転売ヤーの”どん”です。

こんにちは。

 

家電転売は一撃数千円から数万円稼げる

と以前お話しし、稼げる例として

数多くのプリンターをピックアップしています。

参考例家電転売でがっちり~中古家電の仕入れ~

 

実際、プリンターはとても仕入れやすく、

利益が出やすいです。

 

しかし、その反面。

返品が多いなど、デメリットが多いのもまた事実。

そこをクリアしないといつまで経っても

利益が上がりません。

 

今回はプリンターのデメリット攻略について

お話し致します。

 

プリンター転売はデメリットが多い

 

プリンターを転売する上での

デメリットを挙げると

  • 送料が高い
  • 不良品が多い
  • 動作確認が面倒
  • 梱包が手間
  • 保管手数料が高い
  • 出荷手数料が高い
  • 返品率が多い

等、このように多くのデメリットが存在します。

ですから取り扱わないのが吉!

という人もいます。

 

しかし、初心者でも仕入れやすく

利益が大きく上がるプリンターを

手放すには余りにも惜しいですよね。

 

それではデメリットを出来る限り無くすよう

努力してはどうでしょうか?

 

プリンターのデメリットを無くす

 

流石に全てのデメリットを

無くすことは出来ません。

 

しかし、プリンターを”取り扱って

良かった”と言える位までは

出来る限りデメリットを無くす方法を

考えていきましょう。

 

仕入れ時の送料を無くす

 

すみません。

仕入れ時の送料はどう考えても無くなりません。

 

送料無料の商品のみを取り扱うといっても

それでは仕入れが狭まってしまいます。

 

ですから、送料の考え方としては

送料分を予め計算し、仕入れを行う。

 

まあこれは当前ですが、

これを忘れてしまうと

送料分1000円~2000円の利益が

減りますから、かなりの損失です。

 

出来る限り安い送料で済ませる。

という手もあります。

 

配送会社を変更してもらうか

もしくは複数個仕入れして

まとめて送ってもらう方法ですね。

 

配送会社は仕入先によっては

変更してもらえる場合があるので

安い配送会社へ変更をお願いする。

 

まとめて送ってもらう方法は

プリンターであれば2個1が限界ですが、

仕入れ先によってはそれが可能です。

仕入れ先にご確認ください。

 

しかし、いつまでも無料ではありません。

来年以降のことを考えるなら、または個人出荷なら

出来る限りやすい配送会社を探す。

 

どの配送会社が一番安いかは、地域によって異なりますので

見積もりを様々な配送会社から見積もりをとってみると良いでしょう。

 

不良品が多い

 

ヤフオク、メルカリなど個人間のやり取りは

非常に不良品が多いですよね?

 

中にはノークレームノーリターンと題して

元々調子が悪いものを良いものとして

出品している悪い出品者もいます。

 

ですから、ヤフオクは特に評価確認は必須ですね。

評価があまり宜しくない出品者とは取引しない。

評価が少ない出品者とは取引しないことが大切です。

 

いくら利益が出るものを発見しても

騙されれば丸損ですからね。

 

中にはヤフオクのシステムの穴を突いて

発送しました連絡をせずに

発送して、悪い品をつかませる

出品者もいます。

 

今現時点ではヤフオクは発送しました

の連絡をしなければ評価が出来ない

仕組みになっています。

 

悪い出品者だったとしても

悪評価が付けられないという事です。

 

ですから評価を確認したからといって

100%相手が信頼できるわけではありません。

 

そこでデメリットをかなり減らせる

マル秘テクニックがあります。

それは店舗から仕入れる事ですね。

 

店舗からの仕入れ

 

一番確実な方法は実店舗から仕入れる。

もしくはネットショップ

(出来れば実店舗を持っている)

から仕入れる方法です。

 

ネットショップや店舗は

悪い商品を販売してしまうと

ショップの評判が悪くなってしまうので

しっかりと動作確認等を行い販売します。

 

もちろん100%信用することは出来ませんが、

私の今までの経験上、店舗やネットショップ

で仕入れた商品の不良品率はかなり少ないです。

 

そうすると動作確認せずとも納品及び出荷出来るので

デメリットの”動作確認が面倒”というのも解決出来ます。

 

ヤフオクに出品している出品者も

店舗を持っている出品者や

ネットショップを経営している

出品者もいます。

 

そういうショップ限定にして仕入れするわけですね。

しっかりとしたショップであれば1ヶ月の返品保障を

設けている所もあります。

 

もちろん、条件を増やせば増やすほど

仕入れも狭められますが、

返品が多くて嫌になるよりは

断然良いと思います。

 

また、ヤフオクやメルカリでも

商品詳細と評価を確認して

とても信頼出来るであろう出品者に

絞って仕入れを行うことで

リスクを軽減することが出来ます。

 

自己出品でFBA手数料削減

 

保管手数料や出荷手数料が高い。

つまりFBA手数料が高いということです。

 

それなら自己出品を検討してみませんか?

もちろん、FBAを止める訳ではありません。

 

プリンターだけは自己出品で

販売する事を検討してみては

どうでしょうか?との提案です。

 

これは保管できる場所がある人

限定にはなりますが、

そうするとFBA手数料が削減できます。

しかもメリットはそれだけではありません。

 

プリンターはFBAに任せると

インクは別で送らなければいけない。

という規定があります。

 

しかし、規定通り別で送るとプリンターのヘッドが

乾燥し、印刷時に不具合が出る可能性があります。

 

その点、自己出品ならインクを付けたまま

自宅保管できますので、ヘッドの乾燥は

防ぐことができます。

 

返品が来るプリンターの中で

一番最悪なのはインク漏れですね。

 

FBAにインクを付けたまま

納品してしまうと結構高い確立で

インク漏れで返ってきます。

 

インク漏れになったら最後。

処分の道しか残っていません。

 

使えるかどうか分からないものを

内部まで綺麗にするのは

手間以外の何物でもありませんから

処分したほうが良いですね。

 

インクを付けたままの発送時は

梱包箱上部にインク漏れの恐れがある為、

横向厳禁・天地無用と記載します。

 

そうすると例え、インク漏れしてしまっても

配送業者が責任を取ってくれるので問題ありません。

 

 

自己出品に関しては自分の状況を考えて

検討してみてくださいね。

 

梱包に手間がかかる

 

大型商品のデメリットとして

面倒なのは梱包の手間ですよね。

 

簡単に梱包する方法については以前お話していますので

参考にしてください。

→FBA納品の方法を改めるだけで利益UP!

 

 

初めは手間がかかりますが、

プリンターなら慣れれば

梱包に5分とかかりません。

 

面倒だからと仕入れるのを

止めるのではなく数を重ねて

慣れていきましょう。

 

まとめ

 

今回はプリンターのデメリットに

焦点を当ててお話ししました。

  1. 信頼できるであろう人(ショップ)から仕入れてこちらの様々な手間を省く
  2. FBAに納品する際にはインクを装着せず納品し、プリントヘッドの乾燥を防ぐために早めに売る
  3. 自己出品が出来るなら自己出品を考えてみる
  4. 効率の良い梱包方法を学び梱包に慣れる

というお話でしたよね。如何でしょうか。

プリンター取り扱っても良いかなと思いましたか?

 

プリンターで利益が出せないなら

出せる様に工夫する。

 

手間がかかり面倒なら

出来る限り手間がかからない様

工夫する。

 

それはプリンターだけの話ではありません。

全ての転売に共通する話です。

 

プリンターは手間がかかると

多くのセドラーが嫌います。

 

みんなが嫌っている事を

難なく出来るようにすれば

ライバル不在のブルーオーシャン状態です。

 

効率よく転売して

どんどん稼いでいきましょう。

 

それではまた。

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)