お気軽にお問い合わせください。

転売ヤーがAmazon転売で儲かる方法をお伝えするブログです

Amazonの出品登録は大口出品と小口出品はどっちがいいの?~登録改訂版~

 
この記事を書いている人 - WRITER -
妻と4人の子供に誇れる転売を心がけ、その信念を元にお金を稼がせることにコミットした。せどり・転売専門のコンサルタントをしています。
詳しいプロフィールはこちら

転売ヤー”どん”です。

こんにちは。

 

さて、Amazonで出品登録しますか!

となった時に、

Amazon出品登録は大口小口どちらがいいの?

と迷われている方が多いと思いますので

今日は、お話したいと思います。

 

この記事以前書いてたよね。

せどり女子

前回書いたのは3年ほど前だから色々仕様が変わってるんだよ。

どんの助手

あぁ改訂版ね。新しくしなくちゃ勝手が違うもんね。

せどり女子

そういうこと!

どんの助手

 

Amazon大口出品と小口出品

 

大口出品と小口出品のどちらがいいの?

って話についてはもちろん取り扱う商品や

その数にもよるのですが、

 

今回は、私がお教えしている

中古商品の出品であればどちらがいいのか?

についてお話を進めさせていただきます。

 

以前だとAmazonの登録キャンぺーンで

登録時に大口出品にすると3か月間無料!

なんて、大盤振る舞いだったので

まず大口出品がおススメです!

 

とお伝えしてきたのですが、

勝手が変わりました。

 

徐々に無料期間が少なくなり

2018年度いっぱいで

登録キャンペーンが完全に終わり、

今現在やっていません。

 

ですから月額料金がかからない小口出品で良いです。

(キャンペーンをやっているなら大口出品で登録をお勧めします)

 

小口より大口の方が色々都合が良いので、

最終的には小口から大口に乗り換える事にはなりますが

登録したばかりなら、出品できる商品が無い為

その乗り換え時期についてお話すると

仕入れの算段がついてからですね。

 

詳しくお話しますね。

 

大口出品と小口出品では大口が売れやすい?

 

大口出品と小口出品の違いについては

以前こちらの記事で書きました。

Amazon大口出品・小口出品へ個人で無料キャンペーンの登録方法と解約のやり方

 

しかし今現在色々と変わっているいますので

改めてお伝えしますね。

 

月額基本料金

まず第一に小口と大口で大きく違うところは

大口出品は月額4900円+(税)の料金が必要であるに比べ

小口出品は月額基本無料で1商品販売に付き100円+(税)の料金が必要です。

 

ですので単純に考えると小口出品は商品50個で5000円+(税)になりますから

50個以上販売するのなら大口出品がお得になります。

 

一括出品ツールの利用

Amazon出品を簡単にするツール

というものが存在します。

それが使えるのは大口出品のみです。

 

Amazonが公式に提携しているツールを全て挙げると

  • 通販する蔵
  • プライスター
  • e店舗マネージャー
  • AMTS-Premium
  • Cappy
  • ネクストエンジン
  • 特攻店長
  • せど楽Mk-Ⅱ
  • 速販
  • GoQSystem
  • マカド!
  • TEMPOSTER
  • 助ネコ通販管理システム
  • CROSS MALL
  • eコンビニ
  • SAATS Commerce
  • タテンポガイドNEXT
  • Amacode
  • せどりすとプレミア

→詳しくはこちらをご覧ください。

 

これだけ多くのツールが存在しますが、

この中で他の機能も充実しており、

使いやすいのでお勧めなのが

マカド! Amazonせどり管理ツール

ですね。

 

このマカド! Amazonせどり管理ツール

というツール一つで

  • 受注管理
  • 在庫管理
  • 出品
  • 自動価格改定
  • FBA
  • 独自カスタマイズ

が出来ます!

 

このツールの詳細についてはこちらの

ページをお読みください。

マカド! Amazonせどり管理ツール

 

取扱商品が多くなってくれば

必ずと言っていいほど導入した方が

効率よく転売が出来るツールです。

 

このツールが使えるのが大口出品のみです。

従って大口出品に切り替える頃に

このマカド! Amazonせどり管理ツールを導入すると良いでしょう。

 

こんな便利な機能が使えるのですから、

50個も販売しなくても

仕入れられるようになれば早めに大口出品契約をして

マカド! Amazonせどり管理ツール

を導入するのをおすすめします。

 

注文管理レポート

 

大口出品でなければ注文管理レポートの

ダウンロードは出来ませんが、

別にダウンロードしなくても

売上管理表に記入していけば問題はありません。

 

ただ、私のお勧めしている

Amazonの売り上げを自動記入出来る

売上管理表を使うにはこの大口契約が必要ですね。

Amazonの売上を自動記入する超高性能売上管理表!!

 

出品者独自の配送料金とお届け 日時指定の設定

 

出品者独自の配信料金を設定して、

お届け日時指定の設定をするのも

大口出品でなければできません。

 

まあ、出来なければ売れないという訳ではないですから

そこまで重要視する必要もないかと思います。

 

購入者へ提供できる決済方法

これについては、

  • クレジットカード
  • Amazonギフト券
  • 「Amazonショッピングカード」
  • 請求書払い
  • 携帯決済

については、

大口でも小口でも利用できる決済方法ですが、

小口では利用できない決済が3点

  • コンビニ決済
  • 代金引換
  • Edy払い

この3つです。

 

最近コンビニ決済と代金引換を

特に多く使われるようになりましたから

これが無ければ買わないという人も中には存在します。

 

ただこれも、ついてなくても売れなくは無いですから

小口出品の場合は売れないなりに売って行きましょう。

 

利用可能なオプションサービス

 

小口出品でも大口出品でも

FBAのシステムは使えるので安心できるポイントですが、

FBAマケプライムは大口でなければ

導入できません。

 

FBAマケプライムとは

簡単に言うと、自己出品にも関わらず

FBAの様にプライムマークが付く制度です。

 

これがあれば自己出品でも

FBAばりに売れます。

 

元々FBAは自己出品より売れやすい

と言うのがウリでしたが、

このマケプライムが登場してからは、

 

FBAと自己出品の良い所どりの

マケプライムはとても強い存在となりました。

 

その他、大口出品でなければ

つかえないのが、

[広告サービス] Amazonスポンサープロダクト
[その他] 法人販売プログラム

ですね。

 

ただ、広告サービスなんかなくても

普通に売れますし、

法人販売プログラムが無くても

売れますから、特に初心者で意識する必要はありません。

 

まとめ

 

初心者であれば、まず初めに小口出品契約をして、

50個も販売出来なくても、そこそこ商品を取り扱う様になれば

大口契約をして、一気に売り上げを増やしましょう。

 

そこで

マカド! Amazonせどり管理ツール

も一緒に登録して使う事で

とても効率よくせどりが出来ますよ。

 

それではまたお読みください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
妻と4人の子供に誇れる転売を心がけ、その信念を元にお金を稼がせることにコミットした。せどり・転売専門のコンサルタントをしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)