2017/11/15

モノレートの見方を解説~転売初心者が間違えやすいミス~

 

転売ヤーの”どん”です。

こんにちは。

 

今回はモノレート初心者にありがちな

判断ミスについてお話します。

 

まだ始めて間もないのに

判断ミスをしてしまうと大きな赤字となってします。

 

しっかりと確認しておきましょう。

 

モノレートの見方

 

モノレートの売れ行き状況の見方は分かるでしょうか?

モノレートのランキンググラフの

ランキングが急激に上がったところを1回と数えます。

このグラフだと1回売れると20万位から2万位くらいまでランキングが上がっています。

20万位→1万9千位

つまりランキンググラフの谷になった部分が

あれば1回売れたと考えます。

このグラフだと8月から11月の3ヶ月間に12回売れた事になります。

 

モノレートの詳しい見方については

以前説明しましたのでこちらを参考にしてください。

→モノレートを制する者は転売を制す!

 

転売を始めたばかりではこのモノレートと

出品価格だけをみてどうしても判断しがちです。

 

例えばこの商品の場合

新品が11,999円で

中古が19,800円になっています。

 

常識的に考えて新品より

高い価格の中古が売れないことは分かると思います。

 

もちろん、こういう場合だけではなく

新品よりも中古が安かったとしても

需要価格より高ければ売れません。

 

また、他のパターンとして新品価格が高すぎる場合。

BALMUDA ERN-1000SD 加湿器

加湿器に12万円の価格を出すか。

って言われたら少し変ですよね。

 

詳しく見るために過去の売れ行き状況を調べます。

ランキングの上がったところを見ます。

10月17日149788位→10月18日28383位

新品が売れたのか、中古が売れたのかを確認します。

 

ここでは中古の出品数が減っているので

中古が売れたと判断します。

10月9日84537位→10月10日29809位

74100円で新品が売れたことが確認出来ます。

10月6日51077位→10月7日29704位

中古の出品数が減っているので

中古が売れたと判断します。

 

その結果、74100円で売れた形跡はありますが、

やはり12万円台で売れた形跡はありませんでした。

 

※ちなみにこのグラフ以前でも

12万円台で売れた形跡はありませんでした。

 

この様な感じでここまで詳しく見なければ

分からない場合が度々あります。

 

面倒に思うかもしれませんが、これも慣れれば簡単ですので

しっかり慣れる事が必要です。

 

モノレートは安易に見ない

 

モノレートは慣れれば簡単ですが、

見方を間違ったり、安易に考えてしまうと

思わぬ失敗をしてしまいます。

 

売れている価格をしっかりと確認し、

その状況に合わせて仕入れるようにしましょう。

 

それでは。

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)