転売ヤーがAmazon転売で儲かる方法をお伝えするブログです

転売で問題発生!起業・復職の実態

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -

隙間時間に実践出来る超効率的な副業をしませんか?ど素人でも資金が無くても問題ありません。ゼロ円ゼロ知識ノーリスクで始められる転売の方法をお教え致します。

詳しいプロフィールはこちら

転売ヤーの”どん”です。

こんにちは!

 

会社を辞めて転売で起業する人が

最近は非常に多くなってきました。

 

しかし、それと同時に

転売で起業していた人たちが

失敗して復職するケースも同じ位、増えています。

 

これはどういうことかというと

 

転売で永続して

儲かる目処も立っていないのに、

後先を考えずに仕事をやめて

 

転売で起業した人が失敗して、

また仕事を探すといった

事態が増えていると言う訳です。

 

一度仕事を辞めてしまうともちろん、

復職するにも就職先がありませんし、

正規雇用されるはずもなく、

以前より給料は激減してしまいます。

 

以前私の知人が転売の出品代行業者を

作って正社員を募集したところ、

元転売ヤーが一同に集まったとの事。

 

このブログを読んでくれている

あなたには無謀な独立はしてもらいたくない。

と思っていますから、

この記事をよくご覧になっていただければ幸いです。

 

 

転売で起業!安定した生活を送るには?

 

今はまさに大航海時代!

ではないですが、

転売で起業する人は非常に増えてきています。

 

それは本当に素晴らしいことですが、

先ほど言ったように目先のことしか

考えていない人たちが非常に多い現状です。

 

実際、転売だけで食べていこうと

思えば毎月最低限は決まった額以上を儲けなければいけません。

それを深く考えていないのです。

 

考えないようにしているのか、

考えても浅はかなのか。

 

まず、勤めている人は勤めている

ということだけで金銭的に

得をしているということに気づいていません。

 

転売起業後に襲われる4つの支払い義務

 

仕事を辞めて起業した直後から4つの支払い義務に襲われます。

  • 健康保険料
  • 国民年金
  • 住民税
  • 保険等その他

これが起業後に降りかかってくる支払い義務です。

 

その中でも会社を辞めれば

特に不利になるのが健康保険と国民年金です。

 

健康保険と国民年金は会社勤めであれば厚生年金ですが、

この厚生年金は勤めている間、会社が半分負担してくれています。

 

ですが、起業後は自分支払いになるので、単純に倍の出費になるのです。

 

まあ、人により違いますが、

妻扶養の会社勤めだった人が起業すれば

健康保険:3万円程度

国民年金:3万円程度

の請求が毎月届きます。

 

単純に比較すれば会社勤めだった時代に3万円支払っていたものが起業すれば6万円も支払わなくてはいけなくなるという事です。

 

元々給料から引かれるものですので、3万は考えていなかったことを思うと

6万丸々持って行かれるのと同じです。

 

 

また、保険料の計算も必要になります。

 

会社によっては団体割引制度というものがありますので

それだけで優遇されていますが、起業することにより全くなくなります。

 

転売起業後の出費は鬼レベル

 

サラリーマンをやっていようが、脱サラしようが、必要最低限かかる費用があります。

 

もちろんそれは先ほど挙げた

健康保険や国民年金は当然ですが、

様々なローンから生活費等、

生きている上で必ず必要になってきます。

 

これが毎月払い続けることが出来なくて、

転売で失敗し、復職する。

といったケースに繋がるのです。

 

ですから、起業すればもっと儲かるという

安易な考えだけで起業する事は危険です。

 

脱サラ起業のタイミング

 

まあ、このような話をしてしまうと

会社を辞めて起業するのが怖くなってくるかもしれません。

 

それで自分も当てはまりそうなら

従来どおりの副業止まりでエンジョイライフを過ごすのも良いでしょう。

 

そんな話を聞いてもどうしても起業して、

どんどん儲かる様になりたいというなら

それも良いと思います。

 

しかし、タイミングは必要です。

いつでも脱サラして起業しても良いわけではありません。

 

タイミングを間違えるとやはり、

先ほどの説明したとおり、失敗に繋がってしまいます。

 

仕事を辞めて起業するタイミング例を挙げると

①副業月収30万に達成したとき

②収入減が2本確立したとき

③現職がどうしても嫌になったとき

 

 

詳しく説明していきますね。

 

月収30万円達成したとき

 

仮に副業で30万円の月収を

コンスタントに稼げるようになったとします。

 

隙間時間しか作業時間がとれない

副業で30万円の利益となれば

転売のみに時間を注ぐことで、

60万円は軽くいくことでしょう。

 

普通で言えば副業となると少ない時間で

こなしているので仕事を辞めて

専業で転売をすれば時間的に考えても

2倍の収入は難しいものではありません。

 

この場合なら起業を考えてもよいと思いますが、

起業して、自由気ままに生活したいと考えているならこの収入は厳しいです。

 

もちろん会者を辞めれば圧倒的に時間に余裕は出来ますが、

その余裕な時間を転売に費やさなければ収入は増えません。

 

会社を辞めても今までと同じ時間しか

転売につぎ込まないのであれば柱が1本なくなった分

かなり厳しい生活になります。

 

逆に会社にかけてきた時間分を

転売に注ぎ込んでも儲けたいという

強い意志があれば会社を辞めて、

転売で起業しても問題はありません。

 

しかし、転売を本業にするだけで

会社に行ってない分、自由になると勘違いしている人は

支払いが回らなくなり、失敗してしまう。

といったケースがあるので要注意です。

 

収入減が2本確立したとき

 

会社を辞め起業すれば、

大概お金についての強い不安に襲われます。

 

転売のみの収入で

生計を立てていかなければいけないのです。

(妻が生活分儲けてくれるなら別ですが)

 

それにはかなりの

プレッシャーが重くのしかかります。

 

それに打ち勝つことが出来ればいいのですが、

そう簡単にはいきませんよね。

 

そこに別の新たな柱があるとどうでしょう?

毎月数十万儲けてくれる柱が。

 

転売を続けているとその転売を教える

といった立場にステップアップする未来が開けます。

 

もちろん自分が不安定な収入なのに

教える事は出来ませんが、

確固たる儲け方を確立すれば

教えることだって出来る様になるのです。

 

そうすればそちらの方からも収入が入ってきますから、

2本柱で生計を立てられるといったわけです。

 

そうなれば会社を辞めて

独立してもあらゆる面で余裕が生まれます。

 

やはり2本柱で収入が入ってくるなら安心ですよね。

 

会社勤めが堪らなく不安になった時

 

やはり会社に努めていると

ストレスはかなりかかります。

 

そのストレスを一生背負ったまま、

会社勤めをすると考えれば、どうしようもなく嫌になります。

 

また、それだけではなく、

サラリーマンなど会社勤めであれば

出世していけば今以上に忙しくなり、

転売をする時間はなくなっていくことでしょう。

 

ここで二択を迫られます。

 

  1. 会社勤めのまま一生終わるのか
  2. 転売に力を注ぐために会社を辞めるのか。

 

普通であれば怖くて辞めれませんが、

今の会社のストレスが酷く、

今にも辞めてしまいたいと考えているのであれば

一度辞めて転売に情熱を注いでみるという選択肢はあると思います。

 

以前会社のプレッシャーに苛まれ、

自殺した若い女性がいましたよね。

そうなっては元も子もないわけです。

 

そうではなくても、ストレスと労働で、

過労死や胃がんなどを病死してしまう事も考えられます。

 

だからと言って、全く儲けていないのに

会社を辞めるのは無謀です。

 

ニートでも大丈夫な環境であれば

問題ないでしょうが、そうでないなら、

 

最低限、副業片手間で30万円は、

転売で儲けていなければ

それは失敗に終わる可能性大ですのでお勧めはできません。

 

まとめ

 

人それぞれ考え方はあり、

会社を辞めて起業したい人がいれば

そのまま副業でそこそこ儲けられれば

いいやと考えている人もいる事でしょう。

 

副業でそのまま行くなら、2本柱の収入があるわけですから、

それをエンジョイしていただければいいのですが、

 

会社を辞めて起業するなら、

最低限かかる生活費を支払うだけの収入が必要となります。

 

家庭があるなら、妻や子供を守らなくてはいけません。

子供が大きくなればお金もどんどんかかるようになります。

 

もちろん老後も考えておかなくてはいけません。

生きていくためにはお金は重要な役割を担います。

 

会社を辞めて独立、起業する事は本当に素晴らしいことですが、

資金が回らなくなり、会社勤めに復職するリスクがあります。

 

そんなリスクを出来る限り負わない為にも

最低限の収入確保で安全に起業してもらいたいと思います。

 

急ぐ必要はありません。

 

土台を作って少しの事じゃ揺らがない収入が出来れば

会社を辞めての起業でも遅くないと思います。

 

もしも、あなたが今、会社を辞めようかどうか迷っているのなら

この記事が参考にでもなれば幸いです。

 

それではまた。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

隙間時間に実践出来る超効率的な副業をしませんか?ど素人でも資金が無くても問題ありません。ゼロ円ゼロ知識ノーリスクで始められる転売の方法をお教え致します。

詳しいプロフィールはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -

5万円~10万円のお小遣い程度の転売からプロとして稼ぐ転売まで幅広く教えています。

転売ヤー”どん”

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)