2017/11/09

メルカリ転売で稼ぐ方法②入門編~デメリットを克服する~

 

転売ヤー”どん”です。

こんにちは。

 

それでは前回の記事

→メルカリ転売で稼ぐ方法①入門編~メリットを活かす~

に引き続いてお話となります。

 

メルカリ転売のメリット

 

前回のメリットで一つ伝えていなかった

入金システムについて先にお話しておきます。

 

メルカリ独自の入金システム

 

メルカリがこれだけ急速に普及しているのも

この独自の入金システムが安心感を与えているというのがあります。

 

というのは

落札者が支払ったお金はまずメルカリが預かり、

商品到着後、落札者が受け取りボタンを押さなければ

出品者に入金されないシステムだからです。

 

このシステムにより、

出品者側のメリットとしては

先にお金が入金されているのを確認できます。

 

落札者側のメリットとしては

お金を先に払ったものの、

メルカリが預かってくれているので

届いた商品をしっかり確認してから

受け取りボタンを押すことで入金完了となります。

 

万が一お金を支払ったのに届かなければ

メルカリに問い合わせするとキャンセル扱いとなり、

お金が戻ってくるのです。

 

とても安心できるシステムですので

これを転売にもフル活用することで安心に取引が可能となります。

 

 

メルカリ転売のデメリット

 

メリットがこれほど多いメルカリですが、

当然デメリットもあります。

 

それは

  • 個人間同士のやりとり
  • ライバルが多い
  • 業者が多い
  • 出品は手間がかかる

です。

 

個人間同士のやりとり

 

メルカリはヤフオクと同じく個人間同士のやりとりですので

中には騙して出品している場合があります。

 

例えば機能の一部が壊れているのに

動作しているからと壊れていることに触れず、

「動作確認しました。」と記載する人が居ます。

 

他には、とてもキレイに見せて

実際の品物は見た目がボロボロな商品だった。

なんて人もいます。

 

もちろん中古だけではありません。

新品の場合も同じです。

 

新品未開封と記載しているのにも関わらず

開けた形跡があったり、使っているものだったり。

 

中古品をあたかも新品に見せかけるために

専用の機械でビニールフィルムを巻きつけたり。

 

こういう事もごく稀にあるため、

とても注意して落札する必要があります。

 

この悪質な出品者対策としては、

説明欄をしっかり確認して落札することはもちろん。

到着後、すぐに受け取りボタンは押さないことです。

 

到着した荷物をしっかりと確認し、

問題ない事を確認できた後に受け取りボタンを押すことで

万が一不良品をつかまされた場合でも返品が利きます。

 

特に、悪質な出品者ほど、受け取りボタンを

早く押すように催促してきます。

十分お気をつけ下さい。

 

私がいつもするテクニックとしては

落札後に一言、

「仕事の都合で確認が遅くなる場合あります。

出来る限り早く確認するよう心がけ致しますのでご了承ください。」

と連絡しています。

 

そうすると受け取りが遅れても

相手方は大概分かってくれるのです。

 

もしそれで文句を言ってくる様なら

取引自体を止めた方が良いです。

 

焦っている人と取引することは何のメリットもありませんし

商品自体大した商品では無い場合が多いです。

 

仕入れの際は焦らない。

というのは何処の仕入れでも共通して言えることです。

 

利益に目がくらまない様

しっかり確認してくださいね。

 

ライバルが多い

 

メルカリは転売ヤー参入者が一気に増えたため

やはりライバルは多いです。

 

誰もが知っている商品リストなら

すぐに売り切れになってしまい。

 

何も知らないど素人では

利益が出るかどうかを確認している最中に落札される事でしょう。

 

しかし、商品リストがあればそれを検索することで

ライバルを出し抜き、仕入れることが出来ますし、

 

誰もが検索するようなジャンルを避けリサーチすることで

利益が出る商品は限りなく見つけることが出来ます。

 

仕入れ方は見方を考えれば

いくらでもあるとお考え下さい。

 

リサーチの方法としては前回の記事で伝えた通り

出品者の背景を読む、また時期を読むことはお勧めです。

 

そして、検索する場合は絞る事が大変重要です。

絞らなければ無駄な商品をずっと見続けることになります。

 

スマホケースとか出てくるのと面倒なので

価格は3000円以上。

ジャンルは生活家電を狙っているので生活家電

の様に細かく設定します。

 

やはり効率が一番です。

効率良く検索することでストレスなく

どんどん仕入れることができます。

 

 

自分にあった効率の良い

リサーチ法を見つけてください。

 

 

以前こういう記事を書いたので参考にして頂ければと思います。

→転売の仕入には時期・季節を考える

→転売ヤーが簡単な仕入れ方を伝授します。

→転売ヤーがAmazon転売で儲かる商品リストを一挙大公開!

 

 

業者が多い

 

業者が多いことはデメリットの一つですよね。

利益が出る業者ならいいですが、

無在庫転売をしている様な業者なら全く利益が出ない上に

数を多く出品しています。

 

利益が出ない商品が数多くあるほど

効率の悪いことはありません。

 

ただ、これは見た目や感覚で

無在庫だな。

というのが分かってきますから

ある程度経験も必要ですね。

 

始めは面倒でも経験を得るために

リサーチをどんどんしてください。

 

やればやるほど効率が良くなります。

 

メルカリ上級テクニック

 

それでは次の記事でメルカリ転売の

入門編からの上級テクニックについてもお話します。

 

→続きはこちら

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)