転売ヤーがAmazon転売で儲かる方法をお伝えするブログです

転売は古物商許可及び開業届けが必要?

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -

隙間時間に実践出来る超効率的な副業をしませんか?ど素人でも資金が無くても問題ありません。ゼロ円ゼロ知識ノーリスクで始められる転売の方法をお教え致します。

詳しいプロフィールはこちら

転売ヤーの”どん”です。

こんにちは。

 

開業届とかって面倒なんですけどー

せどり女子

開業届出さないと余分に税金持っていかれるよー!!

どんの助手

え?なんで?

せどり女子

それはだねー!ごにょごにょごにょ・・・・。

どんの助手

マジで!?

せどり女子

 

今回は良く質問がくる古物商許可と開業届についてお話しますね。

どん

 

転売(せどり)に必要な古物商許可とは

 

インターネットを閲覧していると、

転売をするには古物商許可が必要である。

と言っている人と、

必要ない。

と言っている人に分かれます。

 

 

実際どうなのかと言う話ですが、

 

法律的に必要です。

 

古物商とは

中古品を売買する法人や個人の業者の事を指します。

 

業者とは

オークションで短絡的に出品して儲けた人ではなく、

継続的に利益を見込んで販売している人の事を指します。

 

今現在Amazonで販売している人も、

古物商許可を持たずに中古販売している人は

多くいますのでそれで捕まることはありませんが、

 

転売を続けていると盗品と知らずに掴まされたり、

偽物と知らずに仕入れてしまったりすることは起こり得ることです。

 

それを知らずに販売してしまった場合などでも、

古物商許可を持っていれば罪に問われることはないので、

それだけでも保険代わりとして取得する価値はありますよね。

 

古物商許可を取るなんて面倒かもしれませんが、

今後、永続的に利益を上げて儲ける予定なら

法律(経費)と割り切って取得していただければと思います。

 

簡単にできますのでその方法も記載しておきますね。

 

古物商許可取得方法

 

まず必要経費として

2万円近程度の経費が掛かることを知っておいてください。

 

そして、古物商取得の為の必要書類ですが、

  1. 個人許可申請書
  2. 住民票
  3. 身分証明書
  4. 登記されてないことの証明書
  5. 略歴書
  6. 誓約書

です。

 

必要書類は警視庁のHPでダウンロード可能です。

→警視庁のHP

 

 

一つずつ説明すると

①の個人許可申請書は↑のHPでダウンロード可能です。

書くことが結構ありますので面倒ですが、

書き方までダウンロード出来ますのでそれを見ながら書いてください。

 

②の住民票は役所

③の身分証明書は本籍がある戸籍課

④登記されてないことの証明書は法務局でもらえます。

 

⑤・⑥の略式書及び誓約書も

警視庁のHPでダウンロード可能で5分くらいの記入で完了します。

 

そうして

古物商許可の書類が揃えば

警察に持っていき提出すればOK!

 

最後に1万9千円を窓口で

払って証明書を防犯係にもっていけば終了です。

 

必要書類を揃える時にもお金はかかりますので

全部で2万円超ってところです。

 

金額的には結構厳しいですが、

今後の事を考えると取得をおすすめします。

 

ちなみに、田舎は結構面倒です。

なぜかというと古物商の許可申請をする人が少ないから。

 

特にAmazon販売での

古物商許可は初めてだという担当者は多いため、

 

相手の調べる時間も

含め無駄に時間が掛かります。

 

私がそうでした。

時間掛かった上に何度も警察署に足を運びました。

 

つまり、古物商許可は取らなくても良いってことね!!

せどり女子

いや、そういう話じゃ無い(汗

どんの助手

 

個人事業主の開業届

 

転売をやっていて、開業届は必要なのかどうなのか。

という話ですが、これも法律的にもちろん必要です。

 

それ以上に

個人事業主の開業届時に

青色申告書を一緒に出して

おかなければかなりの損になります!

 

儲かっている儲かっていないは

関係ありません。

 

少なからず転売で売り上げがあるなら

確定申告は必ず必要になります。

 

最近はネット犯罪に警察が力をいれてますから、

脱税などにもとても敏感に反応してきます。

 

私は昔、儲かってもないのに年間にネットでの収入が50万円以上あったことで

税務署員3人に会社事務所に押し入られてきました。

 

その確定申告の際に

  • 開業届け
  • 青色申告書

 

年末調整の際に

  • 給与支払事務所等の開設・移転・廃止の届出

が大活躍します。

 

青色申告書を申請することで

最大65万円の税金控除になるのです。

 

こうなると開業届けを出さない理由がわからなくなりますよね。

※開業届けを出さなければ青色申告書は申請できません。

 

間違えても開業届けどころか、確定申告もしないとか

いう違法行為はやめて下さい。

後からがっぽり持っていかれますよ。

 

 

税務署も1年や2年では押しかけてこないかも知れませんが、

過去7年まで遡って請求されるため、いつかは来ます。

 

儲けている額にもよりますが下手すれば

数百万の追徴課税がきます。

 

 

そして、給料を取っているなら

給与支払事務所等の開設・移転・廃止の届出

が必要になり、それを届出すると

 

10月頃に税務署から年末調整の為の書類が送られてきます。

その給料支払いの手続きも当然税金控除に役立ちます。

 

それでは開業届け及び

青色申告書の申請の仕方をお教えしますね。

 

個人事業開業届及び青色申告書の申請方法

 

開業届は開業してから1か月以内が提出期限です。

 

提出期限が過ぎていたら開業届や青色申告書は出せず、確定申告時には白色申告書になります。

 

しかし、抜け道があり、私の場合は開業届の申請を転売開始4か月後に提出しました。

 

抜け道とは準備期間というものを設定したのです。

 

例えば1月から転売を始めていたが、5月に開業届を出す場合、1月から3月までは

開業の準備期間として、4月から開業とします。

 

税務署の職員には何も伝えなくても大丈夫です。

5月に開業届を出すなら、4月から開業と書けばいいのです。

 

これは嘘にはなりません。

なぜって?

 

実際、儲かるか儲からないかはやってみないとわかりませんよね。

分からないのに開業届を出すわけにもいかない訳です。

 

ですから、準備期間というものが存在します。

 

準備期間が数年とかになってくると問題があるみたいですが、

数か月程度の準備期間なら全く問題ない訳です。

 

 

それでは準備物にうつります。

 

 

個人事業開業届及び青色申告書の為の準備物

 

  1. 個人事業開業届申請用紙
  2. 青色申告書申請用紙
  3. 印鑑
  4. 給与支払事務所等の開設・移転届

が必要となります。

 

1・2・4の書類はネットからダウンロード可能ですが、

直接税務署に行って書き方を聞きながら書いた方が楽ですね。

 

 

古物商許可の時にも聞かれますが、屋号を聞かれます。

店名ですね。私は本名で登録しましたが、それが嫌な人は屋号を考えておいてください。

 

4は私の場合、妻に高い給料を支払っていますので提出していますが、

まだ、給料払う人もいないというなら、転売が落ち着いて、

人も雇えるようになってから提出しても結構ですので自分のタイミングで提出してくださいね。

 

結果、開業届は必要です!

 

今回は犯罪になる転売方法から始まり、輸入転売

古物商許可、個人事業届その他の事についてお話しました。

 

何度も言いますが、この

個人事業届→青色申告申請→給与支払申請だけは

やらなければ税金でかなり損をしますので面倒でもやることをお勧めします。

 

せっかく儲かったのに税金に

全部取られたら全く意味ないですから。

 

それでは。

 

ばれなきゃ犯罪じゃないんです。

せどり女子

いやバレるから!

どんの助手

!!!?

せどり女子

この記事を書いている人 - WRITER -

隙間時間に実践出来る超効率的な副業をしませんか?ど素人でも資金が無くても問題ありません。ゼロ円ゼロ知識ノーリスクで始められる転売の方法をお教え致します。

詳しいプロフィールはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -

5万円~10万円のお小遣い程度の転売からプロとして稼ぐ転売まで幅広く教えています。

転売ヤー”どん”

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)