モノレートを制する者は転売を制す

 
モノレート

転売ヤーの”どん”です。

こんにちは。

 

今回はモノレートについてお話します。

モノレートを正しく見れば

それだけで転売の成功を掴む事が可能です。

 

逆に言えばモノレートを正しく見れなければ

全く売れない不良在庫が出来、転売失敗に繋がります。

 

モノレート一つで転売の成功、失敗が決まるのですから、

ここはしっかり確認し、成功を掴みましょう。

 

モノレートとは

 

仕入れの際、最も重要となるのが、

モノレートの見方です。

 

モノレートをしっかり見ることができれば

転売が成功したようなモノと言えるでしょう。

 

まず”モノレートとは何なのか”ですが

モノレートとはこれから仕入れようと

思う商品を簡単にリサーチ出来る。

インターネット上で無料で使用できるツールです。

 

このツールを使う事でAmazonでの

過去の売れ行きが分かる為、

今後の売れ行きも簡単に予測出来ます。

 

つまりこのツールでリサーチして

商品を仕入れる事で売れる商品だけを仕入れて

Amazonで販売することが出来ます。

 

Amazon転売にはなくてはならないツールですね。

このサイトですモノレート

モノレートサイト

モノレートの見方は慣れると簡単ですが、

初心者は特に見間違いやすいので

慎重に確認し、仕入れを行ってください。

 

モノレート検索方法

 

まずモノレートの検索バーに

商品の型番もしくは商品名を入れ、検索をかけます。

モノレート検索

そうすると該当する商品がいくつか出てくるので

仕入れる商品と見比べ間違いがないか確認し、

一致するものがあればその商品をクリックします。

検索指定

通常のインターネット検索と

同じ要領ですが、よく似た商品が数多くある為、

商品間違いには十分ご注意下さい。

 

それでは肝となるモノレートの見方

を解説していきます。

 

モノレート解説

 

この商品を例として見ていきますね

mono2

Amazonで新品26800円中古で7700円で売っています。

売れ行き状況としては

mono1

上の波形は過去3か月の

Amazonランキングデータです。

 

この波形での売上げ確認方法ですが、

商品が売れると

一気にAmazonランキングが上がります。

 

ですから過去3か月で

ランキングが一気に上がった所を数えます。

波形で言うと谷になっている部分ですね。

mono1kaisetsu

3か月に15回程売れてます。

基準として、3か月に15回売れている商品は

1か月以内で売れるとお考え下さい。

 

 

しかし、別の問題があります。

この商品は

  1. 新品で売れたのか
  2. 中古で売れたのか
  3. いくらで売れたのか

と言う問題です。

Amazonで新品26800円で

販売しているからとその価格で新品が

売れているかどうかは別の話になります。

 

ここを確認せずに新品を仕入れてしまうと

全く売れず不良在庫になりかねません。

 

先ほどの波形だけでは新品が売れたのか

中古が売れたのか分からないので

さらにモノレートの下の方へ進み、

期間毎の最安値一覧”を確認します。

 

そこで毎日のランキングと

新品中古の価格などの詳細を知ることが出来ます。

 

ランキングが急激に上がった個所を見ていきますね。

mono6-1

mono3

の箇所ですが、8/28→8/29日でランキングが

54660位→22463位まで一気に上がっています。

モノレートランキング1

そこの新品と中古を見ると

出品者数は新品中古共に変わりませんが、

中古の最安値が上がってます。

 

中古の最安値が上がったことで考えられる事は

中古の最安値で出品していた商品(5800円)が売れたから

最安値の次に安い人が最安値(7700円)になった。

と言う事。

 

ですから中古の最安値の商品(5800円)が

ここでは売れたと考えます。

 

ですが新品中古共に出品者数が減っています。

モノレートランキング2

また、金額を見ると中古は同じですが、

新品は19800円が26800円に

一気に価格が上がっているのが分かります。

 

このことから②は19800円で新品が売れたと推測できます。

①で中古が売れた時の逆バージョンですね。

 

③は新品の出品者数は減ってませんが、

中古の出品者数が1人減ってますね。

モノレート3

と言う事は中古が売れたと考えられます。

 

④はランキングは上がっているのに、

新品は出品者数が変わらず、中古は逆に増えてます。

モノレート4

このことから、

どちらが売れたか判別できないと決定づけます。

 

売れたのに出品者数が減らないのは

  1. 新しく出品者が入ってきた
  2. 1人の出品者が複数個商品を所有している

という2つの見解です。

 

⑤は中古の出品者が減ってますね。

モノレート5

ですので中古が売れたと考えます。

 

これは過去1か月のデータですが、

この中で新品が売れたのは②の19800円だけです。

 

このデータのみで言える事は

  • 19800円なら売れる可能性がある
  • 21800円では売れた形跡がない

ということです。

したがって現在の価格の26800円では

売れた形跡がありません。

 

これだけでは新品の価格を決めるには

データ不足ですのでさらに過去に

さかのぼり同じように調べていきます。

 

そうすれば新品が過去にどのくらいなら

売れているのか、新品が売れる頻度はどのくらいなのか

と言う事が分かります。

 

間違えても

Amazonで新品が26800円で売ってて

波形もどんどん売れた形跡があるから

26800円で売れるんだ!

という短絡的な解釈はダメです。

 

初心者は特に間違えやすいので

その点をお気を付けください。

 

 

まとめ

 

 

今回はモノレートの見方について解説しました。

 

転売初心者はパッと見て判断し、

グラフが3ヶ月に何度も折れているから

今現在のAmazonの最安値で売れると考えがちです。

 

しかし、今回説明した様に、モノレートをしっかり見ると

今現在の最安値では売れてないことが分かります。

 

ここを間違えると安くしなければ売れないので

利益率低下に繋がります。

 

売れると思った金額を

大きく下回ってしまうのです。

 

そんな商品を多く扱ってしまえば、

利益は一向に増えませんよね?

 

しっかり確認して、確実に稼いでいきましょう。

それではまた。

 

 

追伸

 

他にも転売で使う為の無料ツールはあります。

 

Amazon転売を超効率化してくれるツール

google chromeとその拡張機能については

こちら→google chrome 拡張機能を解説します!

 

利益率を著しく向上させてくれるFBAシミュレーターや

店舗仕入れやメルカリ仕入れなどの仕入れ効率を

大きく向上させてくれるせどろいど・せどりすとを解説します。

→FBAシミュレーター及びせどりすと・せどろいど解説

 

非常に重要なツールですので

あまり使っていないなら、しっかりご確認ください。

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)