Amazon出品アカウントやgoogle chromeアカウントを守る!

 

転売ヤーの”どん”です。

こんにちは。

 

前回の記事で

Amazonアカウント乗っ取りについて

お話しました。

→Amazonアカウント乗っ取りについて考える

 

ですから今回は

Amazon出品アカウントや

google chromeアカウントを守る方法についてお話します。

 

Amzonアカウントはもちろんgoogle chromeアカウントが盗まれれば

全てのサイトのパスワード情報がばれるなどのハイリスクがあります。

 

しっかり防衛して困った事態にならないよう

気をつけましょう。

 

Amazonやgoogleアカウント守る方法

 

アカウント乗っ取り被害に遭わない為に

今すべきことをお話します。

 

すべきことは

  1. アカウントログインの2段階認証
  2. Roboformの導入
  3. ブラウザのパスワード一括管理機能を停止
  4. 各サイトログインパスワードの見直し
  5. googleの2段階認証

です。

一つずつ解説していきます。

 

アカウントログインの2段階認証

 

まずアマゾン販売者アカウントを早急に

守る必要があります。

 

アカウントログインの2段階認証をしましょう。

→2段階認証設定方法はこちら

このサイトに書いてある通りに設定してください。

 

そして、それが出来れば次です。

現段階ではAmazon販売者アカウントを守るには

もっとも良い手段ですが、

アカウントはAmazonだけでは無いですよね?

 

これだけでは安心できません。

全てのサイトアカウントを守りましょう。

 

ブラウザのパスワード一括管理機能

 

2段階認証設定が終わったところで、

全てのサイトを守る為に

ブラウザのパスワード一括管理機能について

お話します。

 

この機能はgoogle chromeにもある。

パスワードが一括管理が出来る機能です。

 

google chromeなら

google chromeをインストールして、

ログインするだけでサイトのパスワードを管理でき、

サイトのログイン・パスワードを保存。

そしてサイトの自動ログインが出来ます。

 

この機能。

非常に便利ですので、利用している方は

かなり多いとは思いますが、

もう一度機能について改めて確認してください。

 

google chromeをインストールし、

ログインするだけで全てのサイトにログインできます。

 

つまり、google chromeのログインID・PASSが

盗まれてしまうと、全てのサイトアカウントが盗まれるということです。

しかも、ブラウザのセキュリティはそれほど高くありません。

悪いことをする人には絶好の標的だということです。

 

しかし、この機能を使わなければ全てのIDや

パスワードを覚えるのは至難の業です。

なければかなり困りますよね?

 

ですから、ブラウザにパスワードを

一括管理させるのではなく

セキュリティーの高いRoboformに

パスワードを一括管理させましょう。

 

Roboformの導入

 

Roboformを使うことで、セキュリティーを保ったままで

パスワードを一括管理することが出来ます。

 

Roboformとブラウザとの違いは

google chromeなどのブラウザの場合は

ネット上にIDやパスワードを保存しますが、

RoboformはIDとパスワードがPC内に保存できます。

 

ですから、RoboformのIDとパスワードが

万が一盗まれてしまったとしても

 

様々なサイトIDとパスワードは

自分のPCで管理している為、

自分のPCをハッキングされない限りは

絶対安心だということです。

 

自分のPCはセキュリティー管理していますよね?

もし、してないのであればすぐにしてください。

ハッキングされ、PCを勝手に操作されてからでは遅いですよ。

 

私のお薦めはとても軽いウィルス駆除ソフト

”EAST NOD32 アンチウイルス”ソフトです。↓
満足度で選ばれるアンチウイルス対策ソフトなら「ESET NOD32アンチウイルス 4」

※軽いとはパソコンが重くならないことを指す

ウィイルスセキュリティーを入れている、

もしくは入れたのであれば次にRoboformを導入します。

→Roboformロボフォーム

 

特に難しいことは無いと思います。

roboform

上記のサイトにアクセスした後は

ダウンロードをクリック。

roboform

ダウンロードされた

RoboForm・・・.exe」をクリックしてインストールします。

 

インストールは手順どおり進めば全く問題ないと思います。

ただ、保存場所をクラウドにするか

パソコンにするかを聞かれると思いますので

セキュリティー上パソコンに保存したほうがいいですね。

※PCのセキュリティーソフトは必須

 

RoboFormをインストールした後は、

ブラウザに覚えさせているサイトにアクセスし、

RoboFormにIDとパスワードを覚えさせます。

 

全てのサイトを覚えさせれば完了です。

 

ブラウザパスワード一括管理機能の停止

 

全てのサイトのIDとパスワードを

RoboFormに覚えさせたのなら

ブラウザのパスワード一括管理機能の停止を行います。

 

停止の仕方は

設定

google chromeの右上のマークをクリックし

設定を開けます。

詳細設定

設定の一番したの詳細設定を表示をクリックし詳細設定を開き、

履歴削除
プライバシー項目の閲覧履歴データの消去をクリック

閲覧履歴データの詳細設定で

 

”すべて”を選択

パスワードと自動入力のフォームデータにチェック

閲覧履歴データを消去するをクリックして終了

 

その後、googleの設定で

設定

パスワードとフォームという欄があるので

チェックをはずせば終了です。

 

全てのアカウントパスワードをチェック

 

RoboFormを設定しても

パスワード同じでは意味がありません。

 

各サイトが同じパスワードになっていないか

しっかりと確認し、同じになっているなら

変更しておきましょう。

 

RoboFormに覚えこませるので

パスワードは覚えやすい数字にする必要はありません。

 

万が一ログインできなくなった場合は

パスワードを変更すれば良いだけの話です。

 

自分も分からないようなパスワードを設定し、

RoboFormに覚えさせ、セキュリティを強化しましょう。

 

googleアカウントニ段階認証

 

 

google chromeからパスワード管理を削除したとしても

Gmailが乗っ取られれば意味がありません。

 

Gmailにログイン情報が記載されていますので

大半のサイトアカウントも盗まれてしまうことでしょう。

 

 

パスワードを自分でもわからない難しいものに設定し、その上で

googleアカウントにも2段階認証を設定しましょう。

 

Google 2 段階認証プロセス

こちらのサイトにアクセスし、

書いてある通りに進めば設定完了です。

 

もちろんIE(インターネットエクスプローラー)など

他のブラウザでも2段階認証はありますから、

各サイトから設定方法をご確認ください。

 

 

まとめ

 

今回はアカウントを乗っ取られる傾向と

その対策についてお話しました。

 

対策をするのはかなり面倒ですが、

しなければ一生後悔することにもなりかねません。

 

大げさだと考えるかも知れませんが、

googleのアカウントを盗まれると

全てを失う人も多いのではないでしょうか?

 

他人事では決してありません。

自分のアカウントも取られることがあり得るのです。

 

すぐに設定して、アカウントの危機を回避しましょう。

それではまた。

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)